私たちの体の中を流れている血液には、いろいろな成分が含まれて
います。

血液の中に含まれる、ヘモグロビンという成分は赤血球の中にある
赤い色素のことで、タンパク質です。体内でいろいろな器官に酸素を
運ぶ、というとても大切な役割を果たしています。

体内の二酸化炭素の排出もまた、このヘモグロビンのはたらき・性質
によって行われています。

赤い色素なので血色素(けっしきそ)とも呼ばれています。

平均値や低い時の症状・対策を学んでいきましょう!

平均値は?

ヘモグロビンの平均値(基準値)は、男性で13,1~16,6g/dl
女性で12,1~14,6g/dlです。

妊娠中の女性やお年寄り、子どもは低い傾向になります。

あなたの数値はどのくらいでしたか?

低いとどうなる?出てくる症状

ヘモグロビンが低いと、さまざまな不快な症状が現れます。

どうき・息切れ

最初にも言いましたが、ヘモグロビンは体内の各所に酸素を運ぶ
大事な役割をしています。ヘモグロビンが少ないと、酸素の運搬
が十分に行われません。

すると体が最低限の機能を維持しようと、ヘモグロビンが少ない
ながらも運んだ酸素を急ピッチで行き渡らせようと、血流を上げます。

そして、どうきが起こります。

また、酸素不足を補おうと多くの酸素を呼吸によって取ろうとする
ので、呼吸が上がって息切れしやすくなる、というわけなんです。

だるさ・疲労感

体内の細胞が酸素不足になると、疲れやだるさを感じやすくなります。

また、上記でも述べましたが最低限の機能を維持するため、血流が上がる
ので、脈拍が上昇します。すると、体に負担となって結果疲労感やだるさ
となってしまいます。

めまい・たちくらみ

脳は、たくさんの酸素を必要とする臓器のひとつです。

脳においても酸素不足は深刻な問題で、ヘモグロビンが少ないと脳に十分
酸素が届かずに、めまいや立ちくらみの症状を起こします。

血色が悪くなる

ヘモグロビンは、血流に乗って全身をまわっています。赤い色素も持って
巡っているので、十分なヘモグロビンのある人は顔色が良いです。

反対に、ヘモグロビンが少ないと青白いような顔色になってしまいます。

この症状は、顔以外にも爪や口唇などにも起こります。ひどいときは
全身の皮膚にも及んでしまいます。

ここまでの症状をまとめると、「貧血」

細かいタイプや原因はさまざまありますが、「ヘモグロビンの不足=貧血」
といってもいいでしょう。

上記にあげた症状は、貧血のときに起こる症状です。貧血は、体内の酸素不足
ということになります。

貧血状態では元気に活動できません。対策が必要です!

貧血になりやすいという人は鉄分を多めに摂る食事を意識して

ヘモグロビンの原料は、鉄分です。ヘモグロビンの低い人は鉄分を十分摂取
することが重要です。

鉄分には、2種類あります。ヘム鉄と非ヘム鉄です。ヘム鉄は、肉や魚などの
動物性の食品に含まれる鉄分で、非ヘム鉄は野菜や海藻、乳製品や豆製品の
植物性の食品に含まれる鉄分です。

ヘム鉄の方が、体内で吸収されやすいです。多く含まれる食品は、レバーや
赤身の肉、シジミなどの貝類です。

非ヘム鉄の方は、のりやヒジキ、小松菜やホウレン草、ゴマなどです。

ビタミンCは、体内で鉄分の吸収を助けてくれる作用があります。一緒に
摂取すると、よりよく摂ることができます。ビタミンCの多い食品は
レモンやオレンジなどの柑橘類、ピーマン、アスパラガスやブロッコリーなどです。

サプリメントでの摂取も効果的です。

貧血の症状のある方は、これらの食品を積極的に摂りましょう!

まとめ

鉄分不足になると、貧血だけでなくだるさや疲労感からうつや睡眠障害と
いった精神症状を引き起こすこともあります。こうなってしまう前に
早めの対策が重要です。

体内で酸素を運ぶという大切な「ヘモグロビン」を減らさないように気を
つけましょう!!