ワーファリンと似たはたらきをするお薬に、バイアスピリン
というお薬があります。

はたらきはとてもよく似ていますが、ワーファリンが抗凝固薬
(こうぎょうこやく)というのに対してバイアスピリンは、
抗血小板薬(こうけっしょうばんやく)といいます。

2つは、まったく種類の異なるお薬です。

不整脈や心不全によって血流が悪くなると、この血液が固まりやすく
なってしまいます。これを赤色血栓(せきしょくけっせん)といい、
ワーファリンをはじめとする抗凝固薬が処方されます。

いっぽう、高血圧や脂質異常症などによる動脈硬化が進行すると
動脈で血が固まりやすくなります。

これを白色血栓(はくしょくけっせん)といいます。

この、白色血栓の治療に使われるのがバイアスピリンをはじめとする
抗血小板薬です。

今回は、バイアスピリンについて詳しくご紹介したいと思います。

バイアスピリンは、血液をサラサラにして血栓を防ぎます

ケガをすると、血管が傷ついて出血してしまいます。軽いケガならば
血小板のはたらきによって自然に血が止まります。血小板は、血管の
外側でかたまりを作ります。

血管が傷つかなければ、血が固まることはありません。

しかし、なんらかの原因によって異常が起きると、血管の中で血の
かたまりができてしまいます。

このような場合にバイアスピリンは、血小板にはたらきかけて血を
固まりにくくさせて、血液をサラサラにします。

上記でも述べたとおり、バイアスピリンは動脈硬化での血栓に有効です。

動脈硬化が進むと、血管の内側にプラークと呼ばれるかたまりが
できます。このプラークが血管内で剥がれたり壊れたりすると
そこへ血小板が集まって、血を固めて血栓を作ります。

バイアスピリンは、狭心症や心筋梗塞、虚血性脳血管障害
(一過性脳虚血発作、脳梗塞)などにおける血栓や塞栓(そくせん)
が作られるのを防ぎます。

心臓病である川崎病の治療にも使われます。

また、高用量での使用では痛み止めとして有効です。体温調節中枢や
神経中枢にはたらきかけて、熱や痛みをやわらげる効果を発揮します。
カゼ、リウマチ、歯痛、関節症の痛みや熱に処方されます。

副作用・使用上の注意点

バイアスピリンにはいくつかの副作用が報告されています。

重い副作用

初期症状に注意しましょう。

アナフィラキシーショック

じんましん、気分不快、顔やのどの腫れ、息苦しさやめまい
冷や汗、顔色の悪化、手足の冷えやしびれなど

出血症状

消化管、肺、脳、眼底からの出血、血便、吐血、血痰など

皮ふや粘膜

発疹、発赤、皮ふのかゆみや熱感、腫れ、皮がむける、口内の
ただれ、目の充血など

その他

肝機能、腎機能障害、消化管潰瘍、胃痛や腹痛など

比較的軽いもの

吐き気、食欲減退、胃痛、腹痛、発疹、発赤、歯ぐきや
鼻、からの出血、青アザなど

以上が副作用の一例です。服用中の体調の変化には十分注意
してください。

また、消化性潰瘍、腎・肝障害、気管支ぜんそく、出血がある
方は、症状の悪化や再発を招く場合があります。

妊娠中・授乳中の女性や子ども、ご高齢の方、手術や抜歯
心臓カテーテル検査を控えている方なども注意が必要です。
処方を受ける際は、ご自身の状態をくわしく伝えましょう。

食べ合わせや飲み合わせ

降圧剤や利尿薬、鎮痛剤、抗うつ剤、抗血栓薬などと飲むと
相互作用が起きて出血しやすくなってしまう可能性があります。

市販薬やサプリを含め、ほかにも多くの薬と相互作用を起こす
危険があります。普段飲んでいる薬やサプリがある人は、必ず
医師に伝えましょう。

アルコールは、ひかえめにしてください。

飲みすぎは、消化器の潰瘍や肝機能障害を起こしやすくして
しまいます。

抗凝固薬のワーファリンは、納豆と食べてはいけませんが
バイアスピリンはとくに食べ合わせの悪い食品はありません。

まとめ

バイアスピリンは1日1錠で、1ヶ月分2310円です。
比較的、安価で副作用は種類は多いものの、発生頻度は
とても低い安全性の高いお薬です。

効果や副作用をよく踏まえてから使用しましょう。